不妊の考え方

不妊症で悩まれている方へ私の不妊の考え方をお伝えします。

現在不妊でお悩みの方は、10人に1人と言われています。
子供を望まれている夫婦の10%が不妊です。

これから先だんだん不妊で悩まれる方は、増えて行くでしょう。

不妊の原因の一番の要因は、生活環境の変化だと思います。
食べ物や、運動、ストレス、生活習慣の乱れ、晩婚化。

特に大きく関係しているのが、食べ物や運動だと考えます。
現在売られている食べ物は、ほとんど加工食品ばかりで、
添加物がいっぱい使われており、自然だけのものは、ほぼありません。

添加物は、基本的に人間にとっては有害です。摂取する量が、多いので
解毒作用が追いつかず少しづつ体内に蓄積していきます。
それが積もり重なって体に色々な問題を引き起こしているのでは
ないかと考えています。これは不妊以外でも、アトピーやアレルギー
などの症状もこれらの添加物が影響を及ぼしていると思います。

また運動についても、昔に比べれば極端に運動量が減りました。
座りっぱなしの仕事、歩かない、走らない。
特に股関節を使うことが少なくなり、骨盤内の血液、リンパ、体液の
循環が少なくなり、それにより骨盤内が冷えて元気で丈夫な卵子が育たない、
体温が低いといった症状を持つ方が多いと思います。

病院での不妊治療は、タイミング指導から始まって、効果がなければ
より高度な治療へと移行していきます。人工受精も今では当たり前に
なりました。治療によって妊娠し、出産し元気な赤ちゃんを生まれている
方がたくさんいらっしゃるのも事実です。
しかし、自然妊娠が一番望ましい形です。しかも先に書いた体の状況で
妊娠することは、母体にとっても赤ちゃんにとってもリスクがかなり
高いと考えずにはおられません。

なぜ、妊娠できないか?
それは、あなたの体が妊娠できる状態になっていないからです。
準備不足のまま妊娠すると、あなたの体が危険に陥る可能性がある為に、
自身の防衛反応が働いて、妊娠するのを避けているのだと考えます。

そのような体の状態で、妊娠すると必ずどこかに問題が出てくると
思います。

わかりやすく例えると、
トマトを植えようとして、畑の土に肥やしを撒きながら、丁寧に
耕してトマトの種を植えるのと、全然手入れをせずに荒れた
土地に種を植えるのとでは、どっちが育ちがいいでしょうか?

当然、畑の土がしっかりと整った環境の方が、芽が出るのが早いし
後もしっかり育つでしょう。一方の土の手入れを全然していない方は
もしかしたら芽が出ないかもしれません。また出たとしても
育ちにくいでしょう。

画像の説明

不妊治療は、畑の土をしっかり整える事をせずに、種を撒くことだけに
集中します。また人工的に芽を出させてその苗をそのまま植えます。

大事な事は、畑の土をしっかりと整えることです!
つまり体をしっかりと妊娠できる体、妊娠しても大丈夫な体に
整えることが一番大事ではないでしょうか?

一番大事な事が、見過ごされって妊娠する事だけにフォーカス
しすぎではと考えています。

しっかりと体を整える事で、自然に妊娠する方が母にとっても
子供にとっても絶対良いはずです。

人間の体には、子孫を残す素晴らしい機能が備わっています。
その力を自ら高めて行くことができます。

食生活や、運動や、普段の日常生活での改善点
いくらでもあると思います。

不妊治療を始める前に、まず自分の生活習慣から
変えてみませんか?

不妊鍼灸をご希望されるなら

不妊鍼灸詳細ページヘ 

関連記事

Tag: 不妊症

a:547 t:1 y:0