日本の産後ケアの実情〜増加する産後トラブル〜

こんにちは。

豊岡市出石町のふじかわ鍼灸整体院、
院長の藤川です。

先日行われたセンター試験。
受験生の皆様お疲れ様でした。

今はなんと豊高で行われているらしいです。
ここ最近のことらしいですね。

僕の弟がセンター試験を受けたのは、
11年前ぐらい、その頃は神戸大学であったので
下見についていったのをよく覚えています。

但馬人は前泊しなければならないので、大変。
地元で行われることは本当にいいことです。

センター試験・・・。

僕もはるか昔に受けましたが、苦すぎる思い出しかありません(笑)

画像の説明

さて今日は、日本の産後ケアの現状について書いていきたいと思います。

まずその前にフランスの産後事情について少し書きます。

フランスは世界中で一番と言われるほど産後ケアに力を
入れています。産後ケアは、出産時に引き伸ばされた骨盤の
下を支える筋肉を鍛え、出産前の状態に戻すということをして
います。

この筋肉は「骨盤底筋」と呼ばれています。

なぜ、この筋肉を鍛えて産後ケアをする必要性があるのか?

この骨盤底筋は、骨盤の下を支えている筋肉でとても重要な
筋肉です。
出産後この筋肉がダメージを受けて、様々な問題が生じるからです。
出産を経験した女性からこのような多くの悩みが聞かれます。

  • 尿漏れ
  • 腰痛
  • 恥骨痛
  • 体型の変化

これらの悩みに対応するためにフランスでは、産後10回まで
理学療法士や助産師さん指導の元、骨盤底筋をはじめとする
体のケアを受けることができます。しかも保険が効きます。

国がこのようにしっかりとした制度を整えているということは
それだけ産後ケアが必要であると認識されている証拠です。

一方日本の現状はといえば、
出産後のケアはほとんどされていないというのが現状です。

まあ、骨盤を締めるために骨盤ベルトを巻いときましょう
というくらい。
骨盤底筋のトレーニングをきちんと処方してくれる先生は
いないと思います。
でも日本はそれでよかったんです。今までは・・。
でも近年生活が欧米的に変わりました。
椅子や洋式トイレなどに変わり生活の中で、自然に
骨盤底筋を使う機会がかなり減少してしまったのも原因だと
考えられます。

だから産後にトラブルを抱えておられる方が急増しています。

でもこれらの悩みは、相談するところがあまり無いんです。
しっかり骨盤底筋を使えるようにトレーニングできるとことが
ありません。薬を使って解決するんじゃなくて、しっかりと
筋肉さえ使えるようになれば、これらのトラブルは解決します。

もっともっと産後のケアをしっかりできる場所を
増やさないと安心して赤ちゃんを産めないですよね。

だから日本では安全に出産できたらいいという考えですが、
これからは産後の事もしっかり考えた場所を作ることも
考えてほしいものです。

僕も微力ながら少しでも多くの方の産後トラブルを解消すべく
サポートしてしていきたいと思います。

女性ホルモンのバランスを整えて女性のお悩みを解消!
豊岡市のふじかわ鍼灸整体院
不妊症や生理痛・不順、更年期障害はお任せ下さい。

●ご予約・お問い合わせはこちら
0796-20-3992 (9:00~20:00)
日曜定休

●お問い合わせフォームこちら

メニュー一覧
プロフィール/当院の特徴/施術の流れ/患者さんの声/料金体系/よくある質問/アクセス

a:1379 t:1 y:0

コメント


認証コード1035

コメントは管理者の承認後に表示されます。