ぎっくり腰

■ぎっくり腰の原因
ぎっくり腰は本当に痛くて痛くて本当につらく
二度と経験したくない症状ですよね。

画像の説明

当院に来られるぎっくり腰の患者さんは、口を揃えて、
「もうこのまま動けなくなるんじゃないか」
という恐怖感に襲われたとおっしゃいます。

脂汗が出るほどの強烈な痛みの原因となるものは何でしょうか?

よくぎっくり腰になる時は、
・朝顔を洗っている時
・くしゃみをした時
・重いものを持ち上げた時
・体を捻った時
といった動作の時によく起こります。

これらの動作は、ぎっくり腰の原因ではなく
ただぎっくり腰を引き起こす要因です。

ぎっくり腰を起こす人は、ぎっくり腰になりやすい
体の状態があって、その状態で腰に負担のかかる
動作をすることで、ぎっくり腰を引き起こして
いると考えられます。

急な痛みが出ますが、痛みが出てくるまでには、
歴史があるはずなんです。

これはコップの水理論で説明するとわかりやすいです。

コップは、腰の状態です。水は腰にかかる負担や
体の疲労感です。

画像の説明

腰の状態がすごいいい時には、コップの中の水の量は少なめで
まだまだ水が入る余裕があります。

毎日毎日腰に負担のかかる動作や仕事を繰り返したり
寝不足で疲労が抜けきらない状態が続いていくと
コップの中の水の量もどんどん増えていきます。

水がこぼれる寸前までの状態では、なんか腰が
いつもと違ったり、いつもと違う違和感を感じることが
多いです。

その状態で、顔を洗うときに腰をかがめたり
重いものを持ったり、捻ったりすることで、水がさらに
注がれて、コップから水がドバっとあふれ出します。

この瞬間が「ぎっくり腰」です。

だんだんと腰の負担や疲労感が溜まってきて
ついにはその許容量をオーバーしてしまって
最後にどっかーんと大爆発を起こすんです!

ぎっくり腰は長い歴史の積み重ねなんですね。

逆に言えば、どこかのタイミングでコップの
水の量を減らすことができれば、ぎっくり腰を
予防できるわ訳です。

●痛くて痛くて、全然動けないとき
安静が一番!痛みが落ち着くのを待ちましょう。
絶対に痛いとこを触らないで下さい。
早く治したいなら、じっとしているのが近道です。

●痛いけど少し動ける
電話下さい。ご来院頂くか、無理な場合は自宅に伺います。
注意が必要なのは、痛み止めを服用して痛みが一時的に
収まっている状態で無理をしてしまい、かえって回復を
遅らせてしまう原因となります。薬は一時的に症状を
抑えるだけ。治っているわけではありません。

■治療法■
痛いところは、そっとしておきます。
仙腸関節と呼ばれる骨盤の関節が固まってしまって
いることが殆どなので、ソフトな力で関節を緩め
また患者さん自身で動いてもらうことで関節を
調整します。
急性症状の場合は、体に負担がかかるので短時間で治療をします。
長くて10分くらいです。

■治療効果■
ほとんどの患者さんが、その場で治療効果を
体感していただけます。

・動くのが楽になった
・痛みが半減した
・体が軽くなった

腰の状態にもよりますがほとんどの場合、
3日くらいで普通に動けるような状態まで回復します。

■アフターフォロー■
ぎっくり腰は繰り返しおこります。
何もしなければ・・・。
ぎっくり腰のメカニズムを理解されたあなたなら
もう予防方法はわかったはずです。

答えは簡単。

コップの水があふれないようにするだけです。

その方法は、
・定期的に治療院で腰のケアをする
・自分で腰の体操をしたり、ストレッチをする
・いつもと違う感覚が腰に出たら、ほったらかしに
 しないですぐかかりつけの治療院に駆け込む
これで、あなたの体からぎっくり腰は無くなります。

当院は、自宅で出来る腰痛の予防体操をしっかりお伝えします。

腰痛治療をお望みなら

腰痛詳細ページへ

関連ページ

Tag: 腰痛

a:1598 t:2 y:0