冷えを改善!お灸をすえよう!

こんにちは。

豊岡市出石町のふじかわ鍼灸整体院、
院長の藤川です。

最近、梅雨っぽいですね。
毎日雨降るし、夏が終わっちゃった感じ。

でも気温はそれなりにあるので、まだまだ冷えた
美味しいものを摂る機会が多いと思います。

当然、体は冷えの方向に。冷えた状態では、体が
季節の変わり目にしっかり対応できない状態に
なってしまいます。

夏から冬へ季節が移行します。
体も一緒に夏バージョンから冬バージョンへ変身
するんですね。

でも体が冷えた状態だと、その変身がうまくいかない。
きっちり冬に備えた準備ができなくなります。

特に、土用の時期。
土用うなぎの日の土用ですね。

土用の時期は季節の変わり目にあるので、年に4回あります。
土用っていうのは、土の気が強い時期です。
土の気っていうのは、殺伐の気です。消滅させる力の事です。
夏の時期にうなぎを食べるのは、その時期が一番土気が強く
働くから体調を崩す人が多いので、栄養価の高いうなぎを
食べるようになったんだと思います。(予想)

話がそれましたが、夏で冷えたままの体でいると
土用の時期に体調を崩しやすくなります。
(10月20日頃~11月6日頃)

冷えた体には、お灸がお勧めです。

市販のせんねん灸で十分なので、ぜひやってみてください。
やって見ても改善しにくい人は、こまめに運動ですね。

オススメのツボ!

画像の説明

はちりょう穴
周辺を押してみて痛みが出るところを探して
みてください。

効果は、骨盤内の血流が促進され、温まります。

コメント


認証コード8322

コメントは管理者の承認後に表示されます。