豊岡市 子宝に恵まれる体作り〜腹6分目

こんにちは。

豊岡市出石町のふじかわ鍼灸整体院、
院長の藤川です。

先日長女が小学校のスキー教室にアップ神鍋に行きました。

神鍋は雪が全然無くて、スキー教室があるかどうか
微妙な感じだったのですが、タイミングよく土日が
大雪でたくさん雪が積もりました。

長女はスキーは初めての経験なので、
どんな感想を聞かせてくれるかな〜。
と思ってました。

感想はというと、
かなり楽しかったらしく
「今度連れて行って欲しい!」
と言ってました。

私も豊岡に帰ってきて、スキーはまだしてません。
20代前半までは滑りに行ってましたが、
滑る楽しさよりも寒さの方が嫌になってきてしまい
長年滑っていない状況です。

久々のスキーをするキッカケができたので、
ちょっとワクワクしております。
先ずは長年着ていないスキーウェアを探すとこから
始めたいと思います(笑)

画像の説明

さて、今日は子宝に恵まれる体作り〜腹6分目
ということで書いていきたいと思います。

妊娠するには・・・

・栄養いっぱい取らなきゃいけない
・色んなサプリを取らなきゃいけない
・朝、昼、晩きっちり3食取らなきゃいけない

本当にそうでしょうか?

そんなに栄養って必要でしょうか?

昔の食事情を考えてみると・・・

・食べ物もろくに食べれない
・ご飯と味噌汁だけ
・品数も少ない
・栄養不足

こんな状態でしたよね。

に関わらず、子供はたくさん生まれていた。

また現在の発展途上国の現状を考えてみても

・食べるものもろくにない
・栄養不足
・お腹いっぱい食べれない

このような状態でも、子供が生まれています。
テレビで小さい赤ちゃんを抱えたお母さんを
よく目にしますよね。

これらの事から考えてみても

子供を授かるためには、

「栄養をしっかり取らなきゃいけない」

と考えるのは間違ってるかもしれません。

今の食生活、本当に栄養足りてないでしょうか?
むしろ栄養過多になってるんではないでしょうか?

毎日3食お腹満腹まで食べて、
間はおやつをしっかり取る。

これでは胃腸をはじめとした
内臓は働きっぱなしです。

会社でも過労が問題になっていますが、
内蔵もきちんと休息を取る時間が必要です!

昔から健康には、
「腹8分目」
と言いますが、

現代人は
「腹6分目」
ぐらいがちょうど良いと思います。

もし、あなたがいつも満腹になるまで
ご飯を食べがちなら、
この点もしっかり見直すべきだと考えます。

不妊鍼灸をご希望の方は⇒こちら

ふじかわ鍼灸院のご案内

画像の説明

電話はこちらへ



LINE予約

※お子様連れの場合は、予約時に「託児お願いします」とお声かけ下さい!

a:949 t:1 y:0

コメント


認証コード7199

コメントは管理者の承認後に表示されます。