豊岡市 便秘と不妊症の関係とは?

こんにちは。

豊岡市出石町のふじかわ鍼灸整体院、
院長の藤川です。

すっかり秋になりましたね。
朝晩が超ひんやり。寒いぐらいです。

今年も運動会の季節がやってきました。
長女は小学生最後の運動会。
なのですごく張り切ってます。

どうか天気が良くなりますように!

画像の説明

さて、今日は便秘と不妊症の関係についての
お話です。

当院へ通われている方、
便秘ので悩まれている人が多いです。

2日に1回だとまだマシですが、
ひどい人だと1週間全然出ない人も・・・。

便秘だと何がまずいかと言いますと、
体に必要ないものが外に排出されないので、
体内に毒素が溜まっていきます。

考えてみてくださいね。

食べ物のカスが、大腸の中で留まっていたら?

大腸内の温度は40度近い訳で、
真夏の暑い時期に食べ物を外にほったらかしにしている状態です。

当然、腐りますよね。
そして有毒ガスが発生。

これが毒素。

この毒素が排出されず、
毒素が体内に吸収され、血管や身体各部の細胞を傷つけてしまい、
細胞の老化を促してしまいます。

特に子宮卵巣は、腸と隣り合っている関係。
この毒素の影響をモロに受けやすく、卵子の老化を
助長させて、不妊症にも関係するんですね。

次回は
「なぜ便秘になるのか?」
とういうテーマでお届けしますね。

関連ページ

Tag: 不妊

不妊鍼灸をご希望の方は⇒こちら

LINEで送る

ふじかわ鍼灸院のご案内

画像の説明

電話はこちらへ



LINE予約

※お子様連れの場合は、予約時に「託児お願いします」とお声かけ下さい!

a:68 t:1 y:0

コメント


認証コード3947

コメントは管理者の承認後に表示されます。