豊岡市 妊活 腎(じん)の強化法①

こんにちは。

豊岡市出石町のふじかわ鍼灸整体院、
院長の藤川です。

先週は少女バレーの県大会に
西宮市の鳴尾浜にある兵庫県立体育館に
行ってきました。

新チームになって初の県大会。
子供はもちろん親もドキドキです。

相手は加古川のチームで、背もそんなに大きくなく
いい試合を期待してました。

しかし、雰囲気に飲み込まれ
あれよあれよという間にあっけなく敗退。

結局力を出し切れずに終了。

悔しさの残る大会でした。

でもまだこれから。

秋の県大会にもう一回出て、
リベンジしようと一致団結できました。

子供にとっても親にとってもすごくいい経験でした。

画像の説明

さて、今日は前回の続きです。

「不妊症」には東洋医学で「腎(じん)」が
切っても切り離せない重要なものです。

その「腎(じん)」を強くする方法を
お伝えしていきたいと思います。

1つ目は、「水」
2つ目は、「食事」
3つ目は、「睡眠」

全て生活の中ですごく基本的な事ですが、
この3つは腎を強くする上で非常に大事な要素となります。

まずは「水」。

腎自体が水の要素なので、水が腎のエネルギーを補ってくれます。

水分ではなくて、
ただ純粋な水、もしくは経口補水液みたいな体液に近い
ものでもいいです。

経口補水液は、水+塩+砂糖で簡単に作る事ができます。

薬局でも「OS-1]という経口補水液が売っていますね。

これらを一気に飲み干すというのではなくて、
チビチビと飲むようにしてください。

職業柄なかなか水が取りにくいという方もおられますが、
なるべく意識して取るようにしてみてください。

体の中の水の循環を高めることができるので、
「腎」のエネルギーを高めることにつながります。

次回は「食事」についてです。

関連ページ

Tag: 不妊

妊活講座詳細

不妊鍼灸をご希望の方は⇒こちら

ふじかわ鍼灸院のご案内

画像の説明

電話はこちらへ



LINE予約

※お子様連れの場合は、予約時に「託児お願いします」とお声かけ下さい!

a:93 t:1 y:1

コメント


認証コード7513

コメントは管理者の承認後に表示されます。