豊岡市 不妊症 人工受精で知って欲しいこと

こんにちは。

豊岡市出石町のふじかわ鍼灸整体院、
院長の藤川です。

お盆も終わりましたね。

嫁さんと子供らは実家に帰省中で、
明日までのお盆休みは1人で静かにゆっくりしています。

ゆっくりしているというのは、リオ五輪見ています(^o^)

連日のメダル獲得。日本人すごいな〜と勇気をもらって
います。

画像の説明

さて、今日は人工授精の事を書いていきます。

ほとんどの方が人工授精は不妊治療のステップアップの過程
であるという認識をされていると思いますが、実はそうでは
ありません!

人工授精とは、人工的に精子を子宮の中に注入することです。

自然の過程では、精子は膣内に放出されます。そして子宮頚管
という関所を子宮頚管粘液によって精子が通りやすい状況を作り
精子が子宮内に入っていきます。子宮頚管粘液には、精子を子宮の中へ
入りやすくすると同時に、精子の洗浄の役割も担っています。

人工授精でも、精子を洗浄する理由は自然の過程でこれらのことが
行われているからです。

ここで大事なのが、人工授精に適応する人です。
・子宮頸管粘液の分泌が悪い
・セックスできない
・精子の運動率が悪すぎる

などの問題がある方が人工授精の適応になるわけです。

でも不妊治療でタイミングで結果が出ない方に、
次のステップで人工受精を試してみましょうと勧められるのが
一般的です。人工授精の適応外にかかわらずです。

残念ながら人工授精は自然妊娠より、妊娠率は低いのです。

にかかわらずダラダラと続けてしまうケースがたくさんあります。

タイミング法より、人工授精の方が妊娠率が高い!
と認識されている人がほとんどですが、そうではありません。

人工授精の妊娠率が低くなる理由として2つ挙げられます。

1つは、膣から卵子の所まで精子が進んでいく過程で、
精子は授精能力を高めていくと言われています。
人工授精ではいきなり子宮の中にワープするわけですから、
自然より授精能力は低くなるようです。

2つ目は、採取した精子を遠心分離機にかけて、精子の洗浄や
選別をおこなうのですが、その影響で精子に多大なストレスが
かかってしまうということです。

自然の過程は、無駄な行程はなくどの段階もきちんと意味があると
いうことになります。やはり自然が一番であるということです。

今回は人工授精について書きました。

まとめると
・人工授精には適応がある
・人工授精は自然妊娠より妊娠率は低い

ということです。

あなたの妊活のお役に立てば幸いです。

関連ページ

ふじかわ鍼灸院のご案内

画像の説明

電話はこちらへ

※お子様連れの場合は、予約時に「託児お願いします」とお声かけ下さい!

a:1219 t:1 y:0

コメント


認証コード7495

コメントは管理者の承認後に表示されます。