院長プロフィール

IMG_1103.JPG


ふじかわ鍼灸院
院長 藤川圭一

《経歴》
25歳より治療業界に入る。
大阪市内の治療院にて8年間修行し、臨床経験を積む。
現在の臨床経験は15年。これまでののべ治療人数は4万人を超える。
2010年に地元豊岡市出石で開業。
頭痛、肩こり、腰痛などの一般症状の他に
女性疾患(生理痛、不妊症、産後骨盤、マタニティー)に特化した治療を得意としている。
現在は特に不妊でお悩みの方の相談や、妊活のサポートに力を入れている。

《資格》
・国家資格 はり師・きゅう師
・JCCA アドバンストトレーナー
・介護予防指導士
・日本メディカルリフレ協会 妊活コンサルタント認定講師
・不妊カウンセラー学会会員

治療家になった理由

画像の説明

小さい頃から運動が大好きで、学生時代はサッカーやバレーボールに夢中でした。
将来は運動に関わる体育の先生になれたら良いなという思いでいましたが、大学受験で挫折。大学卒業後は一般の会社に就職しました。その2年後、再び「運動に関わる仕事がしたい!」という気持ちが一気に強くなり、会社を辞めてスポーツトレーナーの専門学校に入学。卒業後は、大阪市内の鍼灸整骨院で8年間色々な経験をさせて頂きました。またその途中で治療の幅を広げたいという思いから、夜間の鍼灸専門学校に3年間働きながら学び、無事に鍼灸師の国家資格を取得。そこから治療家としての再スタートを切りました。

治療家としてのストーリー

転機① 本屋さんでの立ち読み

大学卒業後、一般の会社に就職しました。毎日夜遅くまで仕事を頑張っていました。
そんなある日、本屋さんで立ち読みをしていた時に「スポーツトレーナー」という仕事の事が
書かれているのを目にしました。その瞬間に「これだっ!」をいう衝撃が体中に走りました。
私のアタマの中ではまだ運動に関わる仕事がしたいという熱が覚めてなかったようです。
それからすぐに、会社を辞めてスポーツトレーナーを養成する専門学校に入学しました。

転機②「ありがとう」の一言

専門学校卒業後、大阪市内の鍼灸整骨院に就職。
朝8時から夜9時まで仕事で、家に帰るのが夜の11時。その生活が半年ほど続きました。
しかも給料は月5万円程度。その間は雑用ばかりで、患者さんにはほとんど触らせてもらえ
ませんでした。半年を過ぎた頃から、徐々に患者さんに触らせて頂く時間は増えていきました。
それと同時に患者さんからのクレームも増加(笑)
「逆に痛くなった」「担当変更して欲しい」「もう来ない」
へこみました・・・。
そんな中でも私が担当した1人の80歳のおばあちゃんが、
「楽になったありがとう!」と喜びの声をかけてくれたのです。お世辞かもしらないですが
この言葉は当時の自分にはかなり大きかったし、本当に嬉しかったです。
そこから、そこからです。私の治療家としてのスイッチが入ったのは。
積極的に治療技術を教えてもらうようになったり、セミナーに参加したり、もっと喜んで
もらいたいと思いが強くなり、自分自身も変わっていきました。

転機③ 7回目の学校入学!

大阪の鍼灸整骨院に在職中、同僚の1人に鍼灸師がいました。
その同僚の影響で自分も東洋医学を学んで、治療の幅を広げていきたいという思いから、
鍼灸師を養成する専門学校に行くことを決意。
幼稚園から数えて7回目の学校入学です。
昼間は治療院の仕事で夜は専門学校で勉強という生活を3年間続けました。3年生の頃は
国家試験対策の勉強の為、友達とファミレスにこもって長時間勉強していた迷惑なお客でした(笑)
この時期は結婚もしており、子供もいたので応援してくれた家族には本当に感謝してます。

転機④ 地元豊岡で開業

大阪で8年間、臨床経験を積んで満を持しての開業!
「どんな人でも治しまくってやる〜!」
と意気揚々とスタートさせました。
ところが患者様が集まらない・・・。
それもそのはず。治療の経験はたくさん積んできましたが、
経営に関して言えば知識はゼロ。開業するということは、経営者でも
あるということ。経営者の意識と知識が完全に抜け落ちていました。
しばらく経営状態は超々低空飛行。
それでもありがたいことに1人2人とポツポツと患者様が増えていき、
超スローではありましたが経営も安定していきました。

画像の説明

転機⑤ 不妊症の方との出会い

開業して3年を過ぎた頃、知人の紹介で女性疾患(生理痛や生理不順)を
改善する治療法を学び、とても効果が高かったのでその治療法を当院でも導入しました。
最初の予約時は、「生理痛や生理不順を改善したい」というお電話を頂くのですが、
来院されてから詳しくお話を聞かせて頂いていると、
「不妊で悩んでいる」という患者様ががほとんどでした。
しかも豊岡周辺から何時間もかけて都会の不妊専門クリニックへ
通われている方が多く、豊岡市周辺には不妊専門のクリニックが無いことも初めて
知りました。そして田舎でも不妊に悩まれている方が結構おられるんだなということも
わかりました。それから鍼灸が不妊症に対して効果があるということは何となく
知っていたので、何とか力になりたいという思いが強くなり、本格的に不妊の勉強を始めました。
当初は、不妊に関してはほとんど知識がなかったので、患者さんから教えてもらったり(笑)
神奈川県川崎市で毎年100人以上のご懐妊者を出している業界では有名な
山村不妊専門鍼灸院に技術を学びに弟子入りしました。また西洋的な知識も学びたかったので元胚培養士の仲宗根康先生の主催する協会に入り、みっちり不妊に関する知識を詰め込みました。
そして今では協会の妊活コンサルタントとして一般の方や同業者に知識を教える立場になりました。
豊岡市周辺には不妊専門クリニックがありません。だから不妊専門クリニックと同等な
またそれ以上に価値のある不妊に対してしっかり結果の出せる治療院を目指しています!

転機⑥ 妊娠中と産後のサポート

不妊治療を卒業して妊娠された患者様から出産までサポートして欲しいという
依頼をいただきました。妊婦さんの治療はリスクがあるので、受け入れを断る治療院も
数多くあります。でもつわり症状、腰痛や坐骨神経痛といった症状が出やすく
大変つらい思いをされる事も多いです。ならば私がやってやろうと決心しました。
妊娠中でも治療によってつらい症状を軽減させたり、安産に導く事ができます。
また産後の骨盤調整も身につけました。昔と違ってほとんど運動しない為に、
出産後は骨盤周囲の筋肉が弱まり、自分の筋力で支える事ができません。
最近は骨盤ベルトを使う人が多くなっていますが、それだけでは不十分。
産後に特化した当院ならではの骨盤矯正によりしっかり安定した骨盤に戻り、
二人目不妊の予防にもつながります。

転機⑦ 2014年新店舗完成!新コンセプトを掲げて出発!

開業してから色々な経験を積ませて頂き、当院の向かうべき方向性が定まりました。
新コンセプトは、「女性を応援する治療院」
肩こりや頭痛、腰痛などの一般症状はもちろんのこと、
不妊から産後までトータルにサポートでき、女性に喜んでもらえる
治療院としてスタートしました。
家や家族の支えは女性の力が本当に大きいと思います。
その大黒柱をしっかりサポートできる治療院として今後も頑張ってまいります。
当院を通して皆様の笑顔の輪が広がっていきますように。
 
画像の説明

ふじかわ鍼灸院のご案内

画像の説明

電話はこちらへ



LINE予約

※お子様連れの場合は、予約時に「託児お願いします」とお声かけ下さい!

TOP
a:1313 t:1 y:2