基礎体温をつけるメリット

女性の基礎体温は、定期的に測定してグラフにしてみると
生理周期に合わせて変化があることがわかります。

基礎体温表

■健康的な女性の基礎体温の目安
・生理周期25日~28日
・生理期間3日~7日
・低温相が36.00℃以上
・高温相と低温相の温度差が0.3℃以上

■基礎体温をつけるとこんなことがわかります

  • 次の生理日の予想がつきます
    高温の日数が14日前後でほぼ一定という事から、高温期に入って
    何日目かを知ることで、次の生理日の予定を把握する事ができます。
  • 体調が悪い日や、良い日を把握できます
    排卵前の体調は、非常に良く体も心も充実する時期です。それとは
    反対に排卵後の高温期は、肌荒れやむくみ、便秘、またイライラ
    しやすかったり気分的に落ち込んだりしやすい時期です。
  • 妊娠しやすい時期がわかります
    基礎体温の変化で排卵日の予想がつきます。妊娠しやすい時期が
    排卵日の3~4日前、また排卵後の2日間と言われています。
  • 排卵を確認しやすくなる
    体温の低い時期と高い時期の差が0.3℃以下である場合は、
    排卵していない可能性があります。生理があったとしても排卵がない
    「無排卵月経」の場合もあるので注意が必要です。
  • 妊娠を確認できる
    妊娠している場合は、高温期がずっと続いた状態になるので、
    妊娠している可能性が高まります。

基礎体温を測る事によって色々な事がわかるようになります。
自分の今の体の状態、また未来の体の状態が体温によって
推測できるんですね。

体温を測り始めた方の感想を聞くと、

「体温と体調が関係していることがわかった」
「体調が悪い日がわかるようになり無理をしなくなった」
「無理な生活をできるだけ減らそうと心がけるようになった」
「妊娠しやすい日がわかりやすくなりました」
「女性の体は神秘的ですね」

と様々な感想をお聞きすることができました。

不妊の方には、体温をつけてみて基本となる体温の
グラフと大きく異なる点があることも多いです。

例えば、

・排卵後の高温期が標準より短い
・体温が平均的に低い
・基礎体温のパターンがバラバラ
・排卵の兆候が見られない

など様々です。

これらの基礎体温の変動は女性ホルモンの
バランスが大きく影響性していると考えられます。

このバランスをよくすることで、体が整い
自然と基礎体温も正常に戻って来ます。

不妊治療は、作物を育てることと同じで
まず畑の土に肥料をまき、しっかりと土を
耕す事を重点的に行っていきます。

まず、基礎体温をつけて自分の今の体の状態を
知ることが重要です。

不妊鍼灸をご希望されるなら

不妊鍼灸詳細ページヘ 

関連記事

Tag: 不妊症
a:788 t:1 y:0